PRODUCT

防爆対応

危険場所での充填・キャッピングなどの各種装置に防爆仕様を行っています。特に発火性・爆発性ガスが発生しやすい化学薬品製造現場において多くの防爆仕様の装置を多く設置させていただいています。

ABOUT

化学薬品向けボトリングプラント関連装置の電気機器を防爆化

永田製作所では30年以上に渡って化学薬品製造メーカー様に防爆仕様の装置を納入させていただいております。通常「構造規格」の検定に対応した製品を提供させていただいておりますが、近年は輸出案件も多くなり「国際整合指針」にも対応させていただいております。

 

耐圧防爆構造

制御盤などを鋳物で密閉した状態にし、万が一内部でガスによる爆発が起こった場合でも圧力に耐え、外部の爆発性ガスや蒸気に引火しないように加工をしています。

本質安全防爆構造

非防爆エリアに操作盤などを設置し、バリアユニットを経由させて電流を少なくした状態にして発火しづらい構造にしています。正常時はもちろんのこと故障状態においても爆発性ガスに引火しないことが点火試験により確認された構造になります。

内圧防爆構造

容器の内部に保護気体を圧入して、外部の圧力を超える値に内圧を保つことにより、爆発性ガスが侵入するのを防止した防爆構造です。運転中に内圧が規定値以下になった時は、電源遮断回路が働き、内圧が規定値以下の状態でも爆発性ガスの中で防爆性能を維持します。

安全増防爆構造

正常な使用中にはアーク又は火花を発生することのない電気機器に適用する防爆構造であって、過大な温度上昇のおそれ並びにアーク及び火花の発生のおそれに対して安全性を増加し、これらの発生を阻止する手段が講じられた電気機器の防爆構造です。

非点火防爆構造

正常運転中及び特定の異常状態で、周囲の可燃性物質が存在する雰囲気を発火させる能力のない電気機器に適用する防爆構造です。危険区域としてのリスクが低い第2類危険箇所(IEC規格Zone2)での使用に限定された防爆構造です。

装置概要および特徴

  • 耐圧防爆構造
  • 本質安全防爆構造
  • 内圧防爆構造
  • 安全増防爆構造
  • 非点火防爆構造

導入仕様例

機械名称 化学薬品メーカー向け 2本立充填・キャッパー一体型
計量台 本質安全防爆
電磁弁 耐圧防爆構造
光電センサー 本質安全防爆構造
ファイバーアンプ 本質安全防爆構造
近接センサー 本質安全防爆構造
各種バリアユニット 本質安全防爆構造
警告ブザー 本質安全防爆構造
タッチパネル 非点火防爆構造
各種駆動モーター 耐圧防爆構造
照明 非点火防爆構造
接続箱 耐圧防爆構造
各種エアパージ盤 内圧防爆構造
監視カメラ 耐圧防爆構造

WORKS

納入事例

化学薬品をはじめ、医薬品、化粧品など様々な
製造現場に実績があります。その中から事例を紹介します。

洗瓶・充填ライン基礎知識

BASIC KNOWLEDGE

サポート / メンテナンス

SUPPOT

導入フローについて

FLOW

よくあるご質問

Q&A

お問い合わせ

CONTACT

資料請求

DOCUMENT