130年以上の歴史をもつ老舗化学薬品メーカー

10L充填専用の充填機を20L製品充填も可能に

業種 製造業 | 従業員数 1890名 | 課題 海外エンドユーザーからの容量20L製品の要望

VOICE

事例紹介

この化学薬品製造メーカー様(以下、お客様)には、テレビやパソコンの液晶に使用される化学薬品向け半自動充填キャッパ―を導入させていただきました。従来、お客様は10L容器専用の装置で生産を行っていましたが、近年のデジタル化に伴い、液晶に使用される薬剤の需要が増えたことをきっかけに、お客様の海外エンドユーザーから容量20L容器での生産が可能な装置を要望いただきました。 設置スペースが限られていたことから、10L容器と20L容器で装置は個別化せず、1台で10L/20L両方対応可能な装置をご提案しました。

導入前の課題

海外エンドユーザーからの容量20L製品の要望

従来容量10Lの生産を全自動の充填キャッパ―一体型の装置で行っていました。しかし、海外のエンドユーザーから容量20Lでの納品も求められました。既存の充填キャッパ―装置は10L用で容量20Lに対応していなく、また全自動仕様で20L対応の装置の設置はスペース的に足りないことは明白でした。

選ばれた理由

各容量に対応の装置とスペース問題の解消の提案

永田製作所では既存の10L対応の充填・キャッパ―装置とは別に新たに20L対応の装置を置くのではなく、1台の装置で10L/20L両方対応させることと、全自動から半自動にすることでスペースの問題解消を行うことを提案しました。実際に全自動よりは生産力は落ちるものの、高品質製品の生産とエンドユーザーの要望に応えることが優先事項だったため、この案は採用されることになりました。

導入後の成果・効果

20L製品の生産とさらなる要望

容量20L製品の製造可能になり、1つの装置で容量の違う製品の製造ができるようになりました。それと同時にクリーンルーム内でのクリーンブースはISO規格クラス5を保持しており、高性能な製品の生産を実現してます。 また装置設置後に新たにエンドユーザーからの要望があり、10L用容器のキャップを細口のみ対応だったものを広口にも対応出来るように改造をしました。これはチャックやアタッチメントの改造で対応をさせていただきました。

VOICE

その他の事例

永田製作所で対応させて頂いた、様々な事例をご紹介しています。

VIEW MORE

WORKS

納入事例

化学薬品をはじめ、医薬品、化粧品など様々な
製造現場に実績があります。その中から事例を紹介します。

洗瓶・充填ライン基礎知識

BASIC KNOWLEDGE

サポート / メンテナンス

SUPPOT

導入フローについて

FLOW

よくあるご質問

Q&A

お問い合わせ

CONTACT

資料請求

DOCUMENT